骨造成・移植

インプラント治療や重度の歯周病治療のための骨造成や移植。口腔外科の分野で実績のある総院長がそれぞれの患者さんに合った方法で治療を行っています。

骨造成・移植とは?

顎の骨が少なく、インプラント治療が難しい場合にインプラント治療を成功させる補助的な手術であり、重度の歯周病の治療にも用います。

足りない骨の量や症例によって、骨造成・移植にはさまざまな種類があります。軽度~中程度までの量であればお口の中の顎から採取します。重度に骨が足りない場合には、腰の骨を採取するケースもあります。

まずは、CT撮影をして精密な診断をしてもらいましょう。

こんな事で困っている方に骨造成・移植をおすすめします

骨の量が少なくて、インプラント手術ができないと言われた方
重度の歯周病で歯槽骨が吸収したり破壊されたりしている方

様々な治療法とメリット、デメリット

サイナスリフト法

サイナスは上顎洞のこと。上アゴ部分の骨の高さが不足している場合に、サイナスの骨を持ち上げながらインプラントを埋入し、骨を高くする手法がサイナスリフト法です。骨の密度が高まることにより、歯槽骨の高さを確保し、インプラント治療が可能になります。

ソケットリフト法

上顎洞底の粘膜(シュナイダー膜)を実際に確認しながら手術を行うことができるので、確実性の高さが特長です。広範囲にわたって骨増生しなければならない時に行いますが、外科的侵襲が大きいため、他の方法が取れる場合には行わないようになってきています。

スプリットクレスト法

高さがあって、水平的な骨の幅が不足している際に使われる治療法です。繊細で熟練した技能が必要とされる手術です。

GBR法(骨組織誘導再生法)

重度の歯周病治療にも用いることがある骨造成・移植の治療で、吸収したり破壊されたりしている歯槽骨を再生します。比較的容易に骨の誘導再生が可能ですが、治療中は徹底した口腔衛生管理が不可欠になります。

橋口歯科医院 桶川院 お問い合わせ スタッフブログ