歯が抜けてしまった場合

インプラントのキャリアは35年以上。入れ歯やブリッジに関しても、クオリティの高い治療で口内の状態をよりよく保ちます。

歯が抜けてしまった場合に放置する危険性

歯を失うと食事が不自由になり、見た目も老けてしまいますが、全身の健康にも大きな悪影響を与えます。失った歯の代わりをする歯に大きなダメージがかかり、やがてその歯にもトラブルが起こる可能性が高まります。また、かみ合わせが乱れることで、残された歯全体にこれまでとは違う負担がかかるようになります。

各治療法(インプラント、入れ歯、ブリッジ)比較

インプラント

インプラントは失ってしまった歯と同じような感覚で食事や会話を楽しむことができますが、どなたにも合う治療法というわけではありません。天然の歯に比べ、より徹底的な日々のケアやプロによる定期的なケアを行わなければならないなど、維持するための条件が厳しいのです。

入れ歯

入れ歯は取り外して洗浄できることから、比較的清潔を保ちやすいため、どなたにもおすすめしやすい治療法です。精密に作り、細かく調整を行えば会話や食事に問題はほとんど出ませんが、食べ物や飲み物の熱が伝わりにくく食事の感覚は多少劣ることになります。

ブリッジ

ブリッジは残された両隣の歯を削る必要がありますが、天然の歯とほとんど変わらない感覚で食事や会話を楽しむことができます。ただし、歯ぐきとの間など清潔を保ちにくいため、正しい歯みがきやプロによる定期的なケアが必要になります。当院では、ブリッジで治療できる場合には、基本的に入れ歯やインプラントをおすすめしていません。

インプラント治療での橋口歯科医院の特徴

マイクロスコープやCTといった診療機器を使いこなし、精度が高く信頼できるインプラント治療を行っています。

総院長である橋口康道は、インプラント治療歴約35年、今までの症例数は3,000症例を超え、7,000本以上のインプラントオペの実績がある歯科医師であり、当院は経験年数と症例数の多さでは、日本でも数少ないインプラントクリニックです。当院で30年前、20年前にインプラント治療を受けた患者さんで、今も当院に通い続けている方は多く、そういった方々は当時のインプラントを今も維持しています。

当院のインプラント治療は、審美性と術後の安定性を図るため、基本的には2回法を用いています。切って開いて、最低でも3ヶ月置きますが、これは確実で、しかも安全な方法だからです。なお、ケースによっては1回法を用いることも可能です。

また、他院では不可能と診断された難症例のインプラント治療も、当院ではほとんどのケースが治療可能です。骨の少ない患者さんでも、長い経験と骨造成などの高い技術がありますので、安心してお任せいただけます。

麻酔へのこだわり

麻酔に関しては歯科麻酔の担当医が麻酔に当たります。通常の局部麻酔の他に静脈内鎮静法という麻酔を用いることで、患者さんが不快感なく手術を受けていただけるよう配慮しています。

インプラントの種類へのこだわり

当院では、患者さんのお口の状態に合わせることができるよう、信頼性が高い世界的トップメーカー4社のインプラントシステムを使い分けています。このこだわりにより、安全性と予知性のある治療が可能になっています。

ストローマンインプラント(スイス)

研究・科学的な文献による裏付け、生産管理などを基に、30年以上に渡る臨床実績がある世界のトップメーカーです。

スクリューベントインプラント(アメリカ)

前歯、奥歯それ以外のあらゆる部位に対応し、埋め込む穴が小さくて済むため噛む力を効率よく骨に伝えます。

マイティスインプラント(日本)

日本人の顎の特徴に合わせたフィクスチャーで、生体親和性が非常に高いことが特長です。

スリーアイインプラント(アメリカ)

ダブル酸処理によって均一の微小粗造表面を実現し、骨との高い接触率によって軟組織との親和性が高い。

インプラント治療の流れ

  1. インプラント治療をご希望される方には、準備として検査やケアのチェックをまず行います。
  2. CTを使った診査診断⇒全身疾患を調べるための血液検査⇒インプラントを入れた後のケアができるかどうかの判断や指導。
  3. 検査やチェックがOKであれば、手術に進みます。※骨の量が少ないなど、問題がある場合には、骨造成などを行った後に手術という流れになります。
  4. 手術

インプラント治療の料金

インプラント・外科関連 ※税別

インプラント治療
インプラント埋入手術 200,000円
パンチアウト(インプラントの頭出し) 20,000~50,000円
上部補綴 60,000円~

※1回法、2回法で手術の形式は少し変わりますが費用は同一です。

麻酔
静脈内鎮静法 50,000円

インプラントの手術の時に歯科麻酔専門医が一緒に行います。

CT撮影・3Dシミュレーション 
CT撮影 25,000円~
サージカルステント 50,000円~
3D顎態模型 50,000円~
 骨造成・骨移植
GBR(CGF使用・骨を造る方法)
※部位使用材料により異なります
50,000円~
サイナスリフト法 150,000円~
ソケットリフト法 50,000円~
スプリットクレスト法 50,000円~
チャンネルリフト法 100,000円~
ルーフリフト法 150,000円~

※1回法、2回法で手術の形式は少し変わりますが費用は同一です。

橋口歯科医院の入れ歯治療

保険適用の義歯のほか、金属床、コーヌスを用いた義歯、インプラントを用いた義歯など、さまざまな入れ歯治療が可能です。使用感や費用など、ご希望になることがございましたら、なんでもお伝えください。

入れ歯のかみ合わせは、普段の生活の質を保つためにも重要ですし、健康寿命にも大きく関わってきます。そこで、当院では熟練した腕を持つ歯科技工士と提携して治療を行っています。難しい症例の場合、歯科技工士が院に来て患者さんと歯科医師を含めた3人でじっくりご相談しながらよりよいものをお作りしています。

また、他院で作った入れ歯の調整や修理も行っています。合っているものであれば、それを基本にするのが患者さんにとって一番いいこと。お気軽にご相談ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険で作る入れ歯でもしっかりしたものを作れば、会話や食事などに不自由なく、かみ合わせに問題が出ることはありません。ただし、入れ歯も道具であり、毎日酷使するものでもあります。そのため、いつか壊れたり、調子が悪くなったりすることがあります。保険と自費は材料が違い、自費の方が長持ちするいい素材を使えます。そのため、保険の入れ歯は壊れやすいと言えます。

また、保険の入れ歯は金属床ではないため、食べ物や飲み物の温度が伝わりにくく、食事の際の楽しみが少し劣ることがあります。

患者さんはそれぞれ歯科治療に関して、なにを望まれるかが違うものです。患者さんが将来的に一番ご満足いただける治療を行うことを、橋口歯科医院では重要視しています。

入れ歯の種類

  • 義歯(入れ歯)
  • 金属床義歯(チタン)
  • コーヌスを用いた義歯
  • インプラントを用いた義歯

なお、橋口歯科医院では、歯が削れてきてしまったり、沈み込んだりなどのトラブルが多く、修理できないという点からノンクラスプの入れ歯は取り扱っておりません。あらかじめご了承ください。

入れ歯の適切な管理方法

お手入れはこすりすぎると細かい傷が入り、菌がそこで増殖してしまいます。柔らかいブラシで優しく歯ブラシして、入れ歯洗浄剤で清潔を保ちましょう。入れ歯をつけて眠りたいという場合には、特にお手入れを念入りに。一度外して、しっかりお手入れと消毒をしてからつけてください。

ブリッジが適切な場合

失った歯の両隣の歯にトラブルがない場合には、ブリッジをおすすめしています。残された両隣の歯を削る必要がありますが、天然の歯とほとんど変わらない感覚で食事や会話を楽しむことができて、治療期間も比較的短くてすむからです。両隣の歯を削ることからブリッジを避ける患者さんや歯科医師がいますが、削った歯にトラブルが起こるのは予防不足からくるもの。歯ぐきとの間など清潔を保ちにくいとはいえ、正しい歯みがきを行って、プロによる定期的なクリーニングを受けるなど予防をしっかり行えばトラブルを避けることができます。

橋口歯科医院 桶川院 お問い合わせ スタッフブログ