むし歯・歯周病

治療の確実性を重視し、むし歯や歯周病を繰り返さないための長期的なビジョンを持って診療しています。

むし歯治療に対する考え方

痛みのない治療

橋口歯科医院の院長は、歯科麻酔の専門的な研鑽を積んできており、痛みのコントロールについて熟知しています。治療の痛みについてご不安がある方は、遠慮なくご相談ください。

再発させないための治療

むし歯の大きな問題は、同じような手入れをしていたら再発してしまう可能性が非常に高いことです。再発を繰り返し、そのたびに削っていって、最後には歯を失ってしまうケースはとても多いのです。こうした悪循環を断ち切って、健康な口内を維持するために、橋口歯科医院では治療開始の段階から、根本的な問題を見逃さないよう噛み合わせを含めた口全体をみています。また、腫れや痛みを取ってさしあげるのは当然として、その上でなぜむし歯になってしまったのか、どんな歯みがきを行えば効果的かをしっかりご指導して、再発を防いでいます。

マイクロスコープやCTでパーフェクトな根の治療

根の治療には、何ヶ月もかかるイメージがあると思いますが、マイクロスコープや殺菌水が常時流れているユニットを使用している当院では遅くとも1ヶ月以内に治療が終了します。マイクロスコープは、肉眼では見えない精密な治療が可能です。殺菌水は、内部を完全にきれいにして菌を他の部分に感染させません。難治性根管治療の場合も、CTを使ったパーフェクトな治療が可能です。こういった最新機器を使いこなす技量と経験により、お忙しい患者さんにも時間の負担を軽減した質の高い治療を提供しています。

確実性を重視した適性治療

むし歯治療では、むし歯を繰り返さないことが重要であり、必要な部分をちゃんと削ることで治療の確実性は高まります。橋口歯科医院では、確実性の高い適性治療を行っています。また、できるだけ歯を残す治療を心がけ、患者さんのご希望があれば神経を取らずに薬を乗せて経過をみる治療も行っています。これは、時間はかかりますが、神経を抜かず治療することで生涯その歯を残すことができる可能性を高める治療です。

歯周病を放置するリスク

歯周病は歯肉炎と歯周炎をあわせた総称で、歯槽膿漏も歯周病のひとつです。むし歯は歯そのものが溶ける病気ですが、歯周病は歯ぐきなど歯の周りの組織が炎症を起こして歯槽骨が溶ける病気です。進行すると健康な歯が次々に抜けてしまうことが多く、日本人が歯を失う大きな原因となっています。厚生労働省の調査では、歯周病の予備軍にあたる人はおよそ10人に7人もいます。25歳~64歳の約76~81%という高い割合で歯石沈着を含む歯周病にかかっています。
歯周病は高齢者の病気だと勘違いしている方が多いのですが、20代で歯周病にかかっているケースは珍しくありませんし、かなり進行しないと自覚症状を感じにくいため、かかっていることに気付いていない方がほとんどです。

歯周病のリスクは健康な歯が抜けてしまったり、歯ぐきが痩せて年齢より老けた顔になってしまったりなど、口内の問題だけにとどまりません。日本人の死因として多い肺炎は、歯周病菌が混ざった唾液が気管から肺に誤って入ってしまうことが大きな原因のひとつです。また、近年になって、心臓や膵臓などにも歯周病菌が悪影響を与えたり、糖尿病など生活習慣病の進行にも大きなかかわりがあったりすることが次々にわかってきています。

歯周病を治療し、よい口内環境を保つことは、全身の健康のためにも重要なこと。橋口歯科医院では、重度の歯周病に関しても、再生医療などを用いてしっかり治療を行っています。

橋口歯科医院の歯周病治療

プラークコントロール

歯周病は、日々の歯みがきを正しく行って歯石を沈着させないことが最大の再発予防です。そのため、歯石の元となるプラーク(歯垢)を除去する正しい歯みがきを丁寧にご指導しています。

PMTC

プロフェッショナルが専用の器具を用いて、ご自分ではみがけない部分まで徹底的にきれいにするクリーニングです。正しい歯みがきをマスターしても、歯と歯の間などご自分ではきれいにできない部分がどうしても残ります。定期的にPMTCを受けることで、口内の清潔が保たれます。

スケーリング・ルートプレーニング

これは、専用の器具を使って歯周ポケットの奥に付着しているプラークや歯石を取り除く処置です。デンタル先進国であるアメリカの歯周病学会では、統一見解であるコンセンサスレポートでこのスケーリング・ルートプレーニングを「通常ほとんどの歯周病に対して推奨される第一選択の治療法」であるとしています。

歯周外科

歯肉を外側に開いて歯根を露出させ、細かい部分まで歯石を取り除きます。橋口歯科医院は総院長が口腔外科、院長が麻酔歯科を専門にしており、医科連携を行っておりますので、リスクの高い患者さんでも安心して手術を受けていただけます。

フラップ手術

局所麻酔後、歯ぐきを切開し、深い部分に隠れているプラークや歯石を取り除き、歯周病の進行を止める手術です。

GTR法

歯周外科手術後、メンブレンを挿入することにより、歯周病の炎症によって破壊されたセメント質などの硬組織を新生させ、喪失した組織の回復をはかります。

エムドゲイン

歯周外科の治療後に塗布し、破壊されたセメント質などの再生をはかります。

患者さんのご希望により、骨造成も可能です。こちらは、回復すれば歯が使えるようになり、適応がいい治療法です。
また、治療に際して抗生剤を使うことがありますが、抗生剤によって口腔内の菌交代現象が起こるなどバランスを乱す可能性があるため、抗生剤の投与に慎重な患者さんには、有効な抗生剤をあらかじめ調べる検査をご紹介しています。

橋口歯科医院 桶川院 お問い合わせ スタッフブログ